看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

oohってどんな広告?意味や媒体の種類などを解説

近年、oohという言葉を耳にする事が増えました。何となく聞いた事はあるが、意味は分からない。そのような方も多いのではないでしょうか?
今回はoohの意味や媒体などについて紹介します。

oohの意味は?

oohは「Out of Home」の略で、自宅以外の場所で接触する広告メディアを指します。
街中や交通機関で見かける広告はすべてoohに含まれます。
そのため認知度を広げる効果が非常に高く、人口が多い都会では特に積極的に使用されています。

具体的にはどのような媒体がある?

屋外広告物はもちろんのことですが、駅構内の広告、自販機ラッピング、大型ビジョンなどが挙げられます。
電車の中吊り広告は代表的なoohです。電柱に貼られているポスターや、駅前で配られているポケットティッシュに入っている広告もoohの一種です。こういった紙媒体は昔からよく使われています。一方で街頭の巨大スクリーンやショッピングモールのデジタルサイネージなど、電子的なoohも増えてきました。紙媒体と比べて初期投資や維持費が高いですが、一度導入するとソフトウェアの入れ替えによって、内容を変更できるメリットがあります。

どこでもドアが実現!?デジタルサイネージ事例(国内編)
https://www.miruita.jp/knowledge/details/signage-japan

キーワードは相互性?デジタルサイネージ事例(海外編)
https://www.miruita.jp/knowledge/details/signage-overseas

他の媒体との違い・特徴

oohはテレビやラジオなどの媒体と比べて、内容や規格などの制約が自由であることが多いです。そのためオリジナリティの高い情報を発信しやすく、デザインや内容を工夫することでインパクトを強められます。
oohは自然と目に入ることが多いので、そのまま細部まで読んでもらえるように企画することが重要です。
テレビやラジオなどは全国で統一的な規約がありますが、oohの場合は都道府県や市町村ごとに異なるルールがあるので注意しましょう。

まとめ

今回ご紹介したようにoohにはさまざまな種類があります。
どのoohもスマートフォンの普及に伴い、その場で詳細を調べられるようにQRコードやURLを掲載することが多くなりました。oohは今後も時代とともに変化していくでしょう。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る