看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

看板の集客効果を高める4つのポイント

看板は集客目的で設置するケースが多いかと思います。もちろん、ただ設置しただけでは効果を見込めるわけではなく、様々な要素が絡みます。
看板を認知・発見するためには下記の要素から構成されます。

認知・発見

・視認性
・業態
・通行量/質
・異形認識
・照明
・存在感

上記の項目で最も重要視されるのは「視認性」です。

視認性とは?

視認性とは看板を目視で確認した時の対象物の「見えやすさ」「確認のしやすさ」を指します。
下記が、視認性において重要とされている4つのポイントになります。

通行量・質・主要動線

人の流れを把握する事は大きい要素の一つです。
通行量だけではなく、時間帯によってどのような年代・性別の人が通行しているかを把握する事は看板の設置において大きな判断材料になります。

融合性

近似した形状・サイズ・色の看板が周囲に密集していると、他の看板と見た目が融合してしまい、適切な訴求が出来ません。
例えば居酒屋チェーン系だと食欲を刺激する赤系の看板が多くはないでしょうか?
仮に競合の近隣に出店する場合は、色味も含めどのような看板を設置するか検討したほうがよさそうです。

視界性

最も訴求するべき主要動線の手前に、街路樹などの害物が設置されていると集客効果が見込めません。
図面のみで、設置を検討するとなると障害物の観点などが抜けがちになります。
結果的に最も見て欲しい動線からの訴求が見込めないため、集客においても適切な訴求が出来ません。

退行性

看板の見た目から何の店舗か実態が分からない・イメージ出来ない事です。
業態やビジネスモデルの訴求性が弱いと優位性を発揮することが難しくなります。
ブランド力が強い有名企業が近隣に出店している場合は、出している看板の内容によっては訴求が弱くなってしまうケースがあるようです。

まとめ

視認性を構成する要素は看板の大きさや色だけではなく、周囲の環境に大きく左右されます。 目立つために、ただ大きくすればいい、派手な色に変更すればいいというわけではありません。 立地に即した適切な看板を設置し集客効果を最大化させることをおススメ致します。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る