看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

もうエクセル管理は古い?看板の情報管理方法

環境変化に伴い、看板業界の情報管理も今までの方法では耐え切れなくなっています。
特に全国に店舗をお持ちだったり、連続出店を続けている企業にとっては大きな課題となっている事も事実です。
看板を付け替えたいけど、サイズが分からない、行政へ提出する資料を紛失してしまった等々。
今回は今までの管理法から最新の管理手法をまとめました。

紙・ファイル

昔から存在する管理手法です。
今でも紙ベースで管理されている企業も多いのですが、デメリットもあります。
資料が増えるにつれ、保存箇所に困ります。
店舗や設置事業所が少ない内はまだいいのですが、最新のデータがリアルタイムで反映されないため、混乱しやすい部分もあります。

エクセル・PC

紙・ファイルと合わせて併用される方法です。現在最もベーシックな管理手法ではないでしょうか。
しかし、こちらも「最新のデータが自動で反映されるわけではない」ので、管理が次第に面倒になってきます。
なおかつ打ち漏れや、入力ミスなどにより、次第に管理が煩雑になっていきます。

システム・アプリ

最も新しい管理手法です。
データベースを作成し、情報(寸法仕様・行政情報・店舗現場写真etc)を全てリアルタイムで確認出来るようになります。
スケジュールやタスクなどもクラウドで管理出来ますが、看板においてこちらのシステムを使用されている企業はまだ少ないようです。
また作業の報告を兼ね備えるために、専用アプリを開発し、店舗ごとの施工情報や写真のアップどロードを行う事例もございます。
ただ、デメリットとしては費用が発生する・使用している企業が少ないため、一般化していない点でしょうか。

まとめ

情報管理が煩雑になると、時間・費用共にコストが無駄に掛かってしまいます。
特に時間のコストは機会損失を招き、変化の速い現代ではビジネスチャンスを逃す大きな要因になりえます。
一般的には100の事業所・店舗数を超え始めるあたりから一人では対応し切れなくなり、情報の混乱が起きやすくなります。
一つの指標にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

GCストーリー株式会社

GCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

GCストーリーのソリューションを見る