看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

先読み!2020年東京オリンピックに備えた看板の必須準備

2020年オリンピックへの看板対応は万全ですか?2020年には2,000万人とも言われている外国人観光客。本日は、東京オリンピックを見据えた「看板の準備方法」をご紹介します。

東京オリンピックの備えに重要なのは「看板」

5年後に迫った東京オリンピック。2020年、日本政府は外国人観光客を2,000万人とし、10年後の2030年には3,000万人にするという目標を掲げています。その波にのり、観光客をつかみ売上をあげていくには「看板」が重要です。
本日は、外国人観光客を想定した看板製作をご紹介します。

外国人観光客を想定した看板とは?

私たちが外国に観光へ行ったときの状態を想像しましょう。お昼を食べるお店を探すにも、外国語のみでは何料理のお店なのか、価格帯はどうなのか、もしかしたら何のお店なのかそもそもわからないかもしれません。
反対に日本語表記がある場合には思わず、「日本人の店員さんがいるのかも?」とお店に足を運び入れたくなりませんか?イラストや写真があるだけでもその効果は大きく異なります。

では具体的に、外国人観光客を想定した看板づくりをご紹介します。看板の工夫は、主に以下の3つです。


  • 写真やイラストを使用する
  • 外国語表記をする
  • 外国語でも表示ができるようにツールを入れる


詳しく見ていきましょう。

外国人観光客を想定した看板作りの方法

写真やイラストを使用する

特に飲食店の場合は、写真を使うことがおすすめです。一目で、何の料理店なのかを外国人観光客に伝えることが可能です。また、用途を伝えるには「ピクトグラム」と呼ばれる図記号や絵記号を使うことも有効です。言葉で表現することが難しい場合でも、図や絵として表現をし、わかりやすい看板を意識しましょう。

参照: ピクトグラム

# 外国語表記をする

こちらは王道、外国語表記をするという方法です。しかし1つ注意が必要です。訪れる外国人観光客は国籍が様々ですが、全ての言語に対応することは不可能です。全ての言語に対応をすると、文字数が多くなり全体のバランスが崩れ、結果として読みにくい看板になってしまうためです。多言語で表現を行う場合には以下を基本とすると良いでしょう。

  1. 和文
  2. 英文
  3. ハングル
  4. 中国語

ただし、多言語を表記することで表示が煩雑になり、逆にわかりにくくならないよう注意が必要です。

外国語でも表示ができるようツールを入れる

2つ目の方法として、QRコードを看板に載せる方法があります。ツールで作られるQRコードを看板に表記し、携帯・スマートフォンで読み込みをすると、使用言語に合わせて翻訳文を表示させてくれるという仕組みです。今使っている看板を大幅に変えることなく、外国人観光客に対応した看板へ変更が可能です。また、Webの管理画面から文章や画像の変更も可能で、変更や追加があっても看板を変える必要はありません。

最新のツールでは、「かざして案内サービス」というサービスも出てきています。まだ一般化されてはいませんが、利用者が看板や案内板などをスマートフォンで撮影することで、さまざまな情報を入手できたり、適切な言語に変換することができたりするサービスです。QRコード表示と比較し、近づいて撮影しなくてもよく、複数人が同時に情報を受けとることができるのが特徴です。

参照:QR Translator

まとめ

外国人観光客に入店をしてもらうことができたならば、店内の看板にも目を配ることが必要です。メニューや細かな価格表示といった店内看板まで親切に対応をすることが、外国人観光客であっても口コミや紹介、リピートのお客様を増やすことにつながります。長期的な視点を持ち、外国人観光客が喜んでくれるような看板を考えていきましょう。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る