看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

【担当者様必見!】出店立地の参考にしたい集客の考え方

新たに店舗を出店する際、居酒屋などの飲食店なら駅前やビジネス街、繁華街などは仕事帰りの顧客や車を使わない顧客が取り込めます。学生街では安価なものが求められ、またビジネス街などは平日の集客が見込めるなどの特徴があります。

集客が見込める立地とは

これから店舗の営業を始めようというとき、どのような立地を選ぶかは非常に重要になってきます。集客を見込んで駅前や繁華街といったように単純に決めただけでは、予想通りの集客に至らない場合もあるのです。 自分が出店しようとする店舗の業種やターゲットに合わせて出店する場所を考える必要があります。例えば、安くてボリュームのある料理を欲している学生が多く住む街なら単価の高い飲食店よりも安価で気軽に利用できる定食屋を出店する方がより多くの集客を見込むことができます。

商圏を考慮した出店方法

出店するときには、その立地においてターゲットとなる顧客をどれだけ取り込めるかという商圏調査をコンサルティング会社に依頼したり、また商圏分析ソフトなどを使ったりして行うことが求められます。その地域に住んでいる住民の層ごとに、どのような業種にニーズが集まるかは異なってくるのです。例えばコンビニを出店するなら、その立地から徒歩10分までの範囲内が住宅街であれば集客の可能性があります。またロードサイド店は車での来客がターゲットになりますから、車を所有している層が車に乗って10分程度で着けるところに店舗があるのが理想です。

そのエリアではどういった店舗に需要があるか

出店しようとする店舗はどのような客層に需要があるのかという点も、立地選びには重要となるでしょう。人の往来が多いところならどんな店舗でも繁盛するかというとそうではありません。例えばビジネス街を例に取ると、ファミリーやカップル向けの店舗があってもターゲット層がわざわざビジネス街に足を向けるとは考えにくいわけです。集客を上げるなら平日のランチタイムに安くておいしい料理を出す店舗や仕事帰りに1杯アルコールを飲める居酒屋などが適しています。

まとめ

このように、出店する際の立地は集客したいターゲットを絞って考慮することが大切です。そのために市場調査などのデータを取ることは重要ですが、さらに自分自身の目で現地を視察することで競合店や客層、人の流れなどをつぶさに把握できて有効です。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る