看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

看板の良し悪しを決める!手書き・PCデザインを比較検証!

手書きの看板、パソコンを使ったデザイン等。デザインの作り方により価格・使いやすさ・お客様へ伝わるイメージが大きく変わります。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

外を歩いていてよく見かけるスタンド看板。チョークやマジックを使い、手書きで書かれている看板。手書き風のタッチで作られている看板など、様々な種類のデザインを見ると思います。
本日は、手書き~パソコンでのデザインまで、そのメリット・デメリットをご紹介します。価格・使いやすさ・伝わる雰囲気の3点を意識し、見ていきましょう。
特にカフェやレストランといった飲食業に関わるお客様は必見です。

手書き看板

メリット

  • 温かみを表現しやすい
  • デザイン費用、シートの材料費がかからないため安価
  • 訴求内容をすぐに変更できる(費用がかからない)

デメリット

  • イラストが得意な人を探す必要がある
  • 中から光らせることができない
  • 雨の日に使えない(種類によってはレインカバーをつけ、使うことが可能です)

パソコンでデザインする看板

メリット

  • 仕上がりがきれい
  • 写真やグラデーションの表現ができる
  • 耐久性にすぐれ、屋外でも使うことができる

デメリット

  • デザイン費用、シート材料費がかかる
  • 訴求内容を変更するには費用がかかる

どちらのメリットも叶えたい場合に使える方法

手書きと、パソコンでデザインの掛け合わせとして、手書きで書いたイラストをデータ化し、シートで仕上げる方法があります。
以下の写真が該当のイメージです。

デザイナーさんに依頼をし、手書き風のタッチに仕上げてもらえれば、可愛らしさや温かさの表現が可能です。
すぐに訴求内容を変更することができませんが、可愛らしさや温かさといったお店の雰囲気を伝えるには優れている方法と言えます。

カフェやレストラン等、日によってメニューやおすすめの商品が変わる場合には手書きの看板がおすすめです。
季節ごとに変わる場合には、きれいな状態を保てるかという点と、費用の点で比較をすることが良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。手書きとパソコンでのデザインではお客様に伝わる雰囲気も大きく異なります。訴求をしたい内容と、お店のコンセプトを踏まえ、デザインの方法についても検討をしましょう。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る