看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

看板の種類によって異なる!看板の適切な文字サイズとは

看板の種類によって適切とされる文字のサイズが異なることをご存じですか?より多くのお客様に来店してもらえるよう「適切な看板文字サイズ」についてご紹介します。

看板の種類は様々ありますが、それぞれの看板の持つ役割は異なります。また役割により、適切とされる文字のサイズも異なります。
魅力的なデザインが完成したにもかかわらず、いざ設置をしてみたら文字が小さく何が書いてあるのかお客様にわかってもらえない...そんなことが起こらないよう、看板の種類ごとに適切とされる文字のサイズをご紹介します。

看板の種類と距離の関係

まずは看板の種類と、ターゲットとするお客様との距離をご紹介します。

野立て看板・ポール看板・袖看板は遠距離にいるお客様にまずは店舗の存在を知ってもらう役割を持っています。
立地、お店のコンセプトによっては、歩行者だけではなく、車のドライバーにも発見してもらう必要があります。特に移動速度の速いドライバーにとって、発見のしやすい大きな文字は必須となります。
一方、壁面看板・スタンド看板・パネル、プレート看板は近距離にいるお客様にメニューや価格、営業時間等を伝える役割があります。
まとめると、距離によって下記の役割があると言えます。

遠距離 お店の業態を瞬時にアピール
中距離 店名と、他店との違いをアピール
近距離 メニュー・価格や目玉商品、店舗の詳細をアピール

続いて、実際に必要となる文字のサイズをご紹介します。
和文字と英文字によっても見えやすさが異なり、適切な文字サイズは違いますので気を付けましょう。

距離と必要な文字サイズの関係



車のドライバーがターゲットになっている場合には、特に注意が必要です。
車で走行をしている場合、看板を発見するには100m以上必要と言われています。入店までしてもらうためには、最低でも150m手前の場所で看板を発見してもらい、意思決定をし、減速をして車を止めてもらうことが必要です。
お店の周囲には歩行者が多いのかドライバーが多いのかお客様に何をどの時点で伝えれば来店してもらえるのか、デザインを決める前に再度確認をしましょう。

まとめ

きれいに配色・レイアウトされている看板でも、文字のサイズが小さいために気付かない、とうことは普段私たちが歩いていても少なくないはずです。
お金をかけて看板を作っても、お客様に気が付いてもらえないのでは意味がありません。デザインを作成・決定する前に「実際に作ったときに文字のサイズがどのくらいの大きさになるのか?」きちんと確認をするようにしましょう。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

GCストーリー株式会社

GCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

GCストーリーのソリューションを見る