看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

よりよい看板を製作する2つのポイント!~照明編~

看板は、設置する場所やデザインに加え、どのような方法で製作するかによって、仕上がりが全く異なります。そのため今回は「看板の製作方法を決める際に抑えるべきポイント」をご紹介したいと思います。

看板の製作方法を決める際に抑えるべきポイント

看板の製作方法を決める際に大事なポイントは、次の2つです。
  1. 照明を設置するかどうか
  2. 看板の素材を何にするか
1,2の手順で考えることで、どのような方法で看板を設置するかが固まります。 今回は、「看板の照明の設置について」を詳しくご説明します。

看板の照明のポイント

まずは、看板の照明を設置するかどうかを判断しましょう。一般的に、照明をつける看板を「電飾看板」、照明をつけない看板を「非電飾看板」と呼びます。看板の照明設置を考える際は、お店の営業時間や業態を踏まえ、電飾看板か非電飾看板どちらが効果的かを考えましょう。 電飾看板の場合は、大きく分けて2つの種類に分かれます。
  • 内照式看板
  • 外照式看板

内照式看板とは

内照式看板とは、看板の内部に照明を仕込むことで、内側から光を当て発光させる製作方法をさします。 内障式看板には、蛍光灯はもちろんLEDの使用も可能です。内部から光を当てることで、看板全体を発光させることが出来るのが特徴です。 価格はサイズに応じて異なりますが、非電飾看板と比較すると高くなります。夜間も営業するお店などは、内照式看板を設置することが営業中を示すサインにもなりますのでおすすめです。

外照式看板とは

外照式看板とは、看板の外部からスポットライト等で看板を照らす製作方法をさします。 外照式看板にも、白熱灯やLEDといった電球の種類があり予算や寿命によって選ぶことが出来ます。外照式看板では、看板の大きさに対しスポットライトを何灯設置するかによって、看板の明るさが異なります。ご自身のお店の看板に何灯照明をつければ、どのくらい明るくなるかについては、是非看板屋さんに相談してみてください。適切な灯数をご提案くださいます。 また、内照式看板とは異なり、外照式看板ではどうしても照らせる範囲が限られ、光にむらが出てしまうという特徴もあります。
まとめ 照明によって看板の雰囲気は異なってきます。各照明の特徴を捉えて上で、ご自分のお店の雰囲気やイメージを際立たせる照明を選びましょう。また、照明の設置には初期費用に加え、電球が切れてしまった際の交換費用など、メンテナンスにも費用がかかります。長期的目線も持ちながら、ご予算と合わせて検討しましょう。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

gCストーリー株式会社

gCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

gCストーリーのソリューションを見る