看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

ブランドイメージを脅かす3つのリスク

信用を得るには時間が掛かりますが、失うのは一瞬です。企業においても同様ではないでしょうか。
ブランドイメージは情報社会と呼ばれる現代において、非常に重要視されております。
今回は、看板業界から見る「ブランドイメージを脅かす3つのリスク」についてまとめました。

看板の破損・汚れ

看板は店舗・事業所の顔とも呼ばれます。
毎日顔が汚れている人を信用出来るでしょうか?
看板が汚れている、破損している店舗は集客率・売上が落ちるだけではありません。
他店舗への影響も考えられ、ブランドイメージそのものの失墜にも繋がります。

落下事故

看板落下の事故がここ最近、大きく取り上げられるようになりました。看板の安全性に対する意識・取り組みが全国的に大きく変化している表れではないでしょうか。
事故が発生すると、人身、対物事故の際の賠償責任が所有者に生じます。
企業が所有者としての管理者責任を怠っていた場合は、企業としての姿勢・コンプライアンスの責任が問われます。

法令違反

看板に関しての法令をよく把握せず、申請や申請更新を正しく行っていない場合、行政から指摘を受けるケースがあります。屋外広告物条例、景観条例、占用条例etc。
地域によって、複数の条例が絡み合っております。
法令を遵守しない場合、罰則を受けるケースもあり注意が必要です。

まとめ

Web・広告・マスメディアによるプロモーションなどの「攻め」のブランド戦略ももちろん重要です。
しかし、「リスク回避」による「守り」も私たちは必要だと考えております。
例えば、通勤途中の道に設置された店舗・事業所の看板が汚れていたとします。
毎日その看板を眺めていたとすると...。イメージは無意識の蓄積から構成されます。
「看板」をメンテナンス・綺麗にするたけでもブランドイメージの保持に十分繋がると私たちは考えます。
今回は看板業界から見たについて、「ブランドイメージを脅かす3つのリスク」お届けしました。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

GCストーリー株式会社

GCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

GCストーリーのソリューションを見る