看板工事依頼オンライン
看板屋さんはこちら ログインはこちら

事前に知っておけば安心!社名変更に潜む3つのリスク

企業のロゴ変更は10年に1度行われるとも言われます。前回の社名変更にまつわる業務を経験した担当者が異動している場合が多く、ノウハウが蓄積されておりません。範囲が広く、看板の数が多くなればなるほど業務は煩雑化していきます。

対象店舗・アイテム漏れ

施工が対象店舗リストから漏れる可能性があります。
施工が全て終了してから、なぜか昔のロゴのまま営業している店舗が発見される最悪のケースも考えられます。
漏れるのは「店舗」だけではありません。店舗ごとの変更アイテム数も把握する必要があります。
見えにくい場所に看板が設置されていると、見落としがちです。
仮に、一つのみ古いロゴのままだと、どうしても違和感が強くなってしまいます。

管理不足、スケジュールが間に合わなくなる

複数の施工会社に依頼している場合、業務が膨れ上がり、煩雑化して管理し切れなくなる場合があります。
どこの店舗が施工を終えているのか、施工会社はどこに依頼しているのか、どんどんブラックボックス化していきます。
スケジュールの遅れ、追加費用の発生・デザイン・仕様が依頼していた内容と違うetc。
一度混乱し出すと、何が正しく、何が間違っているのか、どうにもならない状況に陥ります。

日程・施工内容が店舗様に伝わっていない

日程が店舗様に伝わっていない場合、どのような事が考えられるでしょうか。
高所作業車を使用すると、場所によっては入口前に停めてしまう事も考えられます。
ピークタイム・土日の忙しい時間帯にいきなり作業車が入口前に停車するとなると、売上にも大きく影響します。
また、違う日程の連絡が店舗様に伝わっていた場合も同様の事態が起きます。

まとめ

今回取り上げたリスクの原因は主に「管理部分」となります。対象店舗、アイテム、スケジュール、設置業者、仕様、etc。
事前の打ち合わせにより、きちんと確認・摺合せを行う点が重要とも言えます。
また、依頼する会社も1社に任せ、社名変更などの実績、経験があるとスムーズに物事が運ぶのではないでしょうか。

関連記事

キーワードを入力して記事を探しましょう。

看板屋さんをお探しの方

ミルイタ

ミルイタでは、マッチング技術と看板屋さんコミュニティーにより、最適な看板屋さんをご紹介できます。

ぜひ一度、ミルイタのサービスをお試しください。

ミルイタについて詳しく知りたい方

ミルイタの説明を見る

とにかくミルイタを試してみたい方

ミルイタを使ってみる

チェーン店・フランチャイズなど複数の店舗を運営されるお客様
販売代理店・提携販売店など流通網をお持ちのお客様

GCストーリー株式会社

GCストーリー株式会社は、全国の看板屋さんとのネットワークをベースに、全国展開チェーン本部様・大手広告代理店様などの案件を請け負っております。

  • 企業ロゴ変更時、全国1000店舗の看板変更工事
  • 連続出店時の外装工事
  • 全国規模のプロモーションにおける什器製作・設置
  • 独自基準によるサイン安全点検
  • 数十~数百店舗/月のサインメンテナンス・LED化
  • 自社開発の情報管理システムによる情報集約

など、サインにまつわるあらゆる業務をお任せください。

GCストーリーのソリューションを見る