看板の提案・制作・設置から撤去まで 日本全国から最適な看板屋さんをご紹介します
看板屋さんはこちら ログイン

依頼主との見積りのやりとりはどうすればいいですか?

依頼主が発注できる見積は、依頼1件に1つのみです。

工事費用の相談・調整はメッセージ上で行っていただき、発注してもらう金額が決まったら、『見積提出』から見積り書を作成しましょう。

※『見積提出』で入力した内容で契約が成立し、ここで入力した金額が決済されます。入力内容に間違いのないようお気をつけ下さい。

【本工事費もだいたいの概算で算出できる場合】
詳細現調費+本施工費(概算)で『見積提出』を行い、依頼主に発注・入金してもらって下さい。
詳細現場調査後、『訂正申込』から見積内容を更新して下さい。

【詳細現場調査をしなければ本工事費が全く分からない場合】
まずは、想定し得る金額を提示し、依頼主に了承をもらいましょう。
(松竹梅など、金額の幅をお伝えできると喜ばれます。)
(この時、『見積提出』は使用しないようご注意いただき、メッセージ・添付をお使い下さい。)

了承が得られたら、詳細現調費のみで『見積提出』を行い、依頼主に発注・入金してもらって下さい。
詳細現場調査後、『訂正申込』から見積内容を更新して下さい。

Copyright © Miruita. All Rights Reserved.